英語絵本の読み聞かせってどうするの?本はどこで買えるの?

読み聞かせ

我が子には、「英語好きになって欲しい」、「これからの時代、英語はできて当たり前」、「小学校でも英語が必修となってくる」、などなど英語熱は高まる一方です。

我が家でも、しっかりと英語の本は揃えています。イギリスやアメリカから、直接取り寄せた本がたくさん、本棚に並んでいます。ちなみに私はほとんど英語は喋れません。海外旅行では、道を聞くのに単語を並べて何とか教えてもらえるというレベルです。

今日は、海外から本を取り寄せる方法や、読み聞かせはどうすればいいか、についてお話ししようと思います。

子供好きな英語絵本

まずは、我が子のお気に入り絵本をランキングで紹介したいと思います。

3位 Where’s Spot?(Eric Hill)


(引用:https://www.amazon.co.jp

イギリス生まれSpot。日本では「コロちゃん」として愛されていますね。仕掛け絵本になっているものが多くて、大人の私もワクワクします。

シリーズの代表作である、「Where’s Spot?」。ストーリーは、夕飯の時間になっても現れないSpotを、ママが家中探します。各場所が仕掛けになっていて、ここかなー?とめくっていくのが楽しいです。そして、何度も読んでいるうちに、子供は「No!」という英語を覚えました。

作者のエリックヒルさんが、2歳の我が子のために描いた絵本です。

我が家では、Spotシリーズは他にも「Spot Can Count」や「Spot Goes to the Farm」を持っています。どの本も可愛くて、絵本を開くだけでニコニコ笑顔になりますよ。

2位  THOMAS & FRIENDS


(引用:https://www.amazon.co.uk

第2位は、日本でもみんな知っている、機関車トーマス!

トーマスはご存知の通り、イギリスの幼児向けテレビ番組として登場したキャラクターです。今では、30以上の国の言葉で、世界185地域で放送されています。

電車が大好きな息子の心も、しっかり掴んでくれたトーマス。絵本シリーズが本棚に鎮座しています。私には、ちょっと英語が難しいのですが、トーマスが好きな子供には、そんなの関係ありません。

1位 Peppa Pig


(引用:https://www.amazon.co.uk

我が家で一番人気は、ペッパピッグ!3歳の息子も、「ペ〜ッパ ピッグ♫」と口ずさみます。家には、ペッパの本が10冊以上あります。さらに、DVDやぬいぐるみ、ブロックなどのおもちゃ、とグッズもたくさんイギリスから取り寄せました。

とてもペッパピッグの良さは、普通の家族のお話しなのですが、ほのぼのしていて、日常のちょっとした出来事が題材になっています。

ちびまる子ちゃんや、サザエさんみたいな感じです。なので、絵を見ているだけでも、何となくストーリーが分かります。もし英語のお勉強をしたいな、と思えば、出てくる単語は日常使いのものが多いので、自然と覚えることができますね。

イギリス絵本

改めて、我が家の本棚を見てみると、イギリスが好きなんだと分かりました。あと、メイシーちゃんもお気に入り。他には、ジュリアドナルドソンOxford Reading Tree(ORC)も。全部イギリスでした。

Lucy Cousins『Maisy’s Farm』

 


Julia Donaldson 『The GRUFFALO』

もちろん、ディズニーやDr.スースなど、アメリカのお話しも子供たちは大好きです。

我が家で読む絵本は特に、日常生活が題材になっているようなものが多いので、その国の文化が表れやすいと思います。絵本を通して各国の文化を感じることもできて、世界が広がりますね。そんなことを考えて、絵本を選ぶのも楽しいかもしれませんね。

英語絵本の読み聞かせって難しい?

英語が得意でないママにとって、絵本とはいえ、英語というのはハードルが高く感じますよね。私もそうでした。

ママ
ママ

発音間違えたらどうしよ〜。それに子供に意味を聞かれたらどうしたら…。

ネイティブスピーカーが読んでくれるアプリや、読み聞かせ用のCDも出ていますね。

でも、私が思う英語の読み聞かせは、

ママ(パパ)が読む

読み聞かせの目的って、親子のコミュニケーションだし、子供が本を好きになってほしいからだと思うんです。そのためには、やはり親が下手でもちゃんと読んであげることが必要です。

ママ
ママ

でも、英語なんて読めないし…。

分かります。そんな時には、先にママだけ、こっそりスマホで調べておくんです。そして、下手でもいいんです。

子供に確かな発音を身に付けさせることと、英語の読み聞かせは別物です

子供の耳を育てたいのであれば、ひたすらネイティブが話す音を聞かせたらいいのです。でも、読み聞かせとは別の時間にしてくださいね。

我が家でも、DVDやCDも多用しています。テレビを見る選択肢の一つとして、ペッパピッグやトーマスの英語版のDVDがあります。ドライブ時のCDの選択肢の一つに、音読用ペッパピッグがあります。特にルールはなく、日本語のアニメと同じ選択肢のうちの一つです。

そうこうして、子供が成長していくと、読み聞かせの途中でちゃんと「ママ、ここの発音違うよ」って言ってくれますから(笑)

英語絵本どこで買う?

私が利用したことのあるサイトはこちらの5つ。

海外サイト

Amazon.co.uk(イギリス)

Amazon.com(アメリカ)

Book depository(イギリス)

THE Book PEOPLE(イギリス)

eBay

私がよく利用するのは、海外版のAmazonです。日本のAmazonとは別に、新たにアカウントを取得する必要がありますが、そんなに難しくはありませんよ。送料がかかりますが、それを含めても日本で買うより安いことがあります。

ブックデポは、送料無料です。たまにセールもやっていますよ。ブックピープルもよく利用します。セールの時にはとても安くなるので、まとめ買いしたり。

eBayは、海外版のフリマサイトです。よく、イギリスやアメリカの個人の方から、中古のおもちゃや本を購入しました。個人の方とのメールでのやり取りは、私も英語力が鍛えられたように思います。

海外サイト注意事項

やはり、日本国内で完結するわけではなく、海外から輸送されてきますので、注意しておかないといけないことがいくつかあります。

輸送期間が長い

海外から輸送されてくるので、時間がかかります。タイミングによって1週間足らずで到着する時もあれば、2週間以上かかることもありました。追跡を見ていると、なぜか違う国でしばらく停留していたり、と慣れるまではソワソワしていました。

待っている時間も楽しめたら良いですね!届いた時の喜びもひとしおです。

本に傷が…

長い間、船に揺られて(?)やってくるので、段ボールが潰れていたり、本にスレ傷ができていることもありました。我が家では、自宅用に購入していたので、あまり気にはなりませんが、プレゼント用にお考えの場合は考慮に入れておいたほうが良いですよ。

返品が面倒

万一、不良品が届いたり、間違った商品が届いても、返品しにくいです。送付先は海外だし、どこからどうやってどこへ送れば…と。返品の仕方も英語で書かれていますしね。

でも、私、返品もしたことがあります。eBayで業者さんからおもちゃを購入し、それが動作しなかったので頑張ってメールで連絡を取りました。そして、言われたところの住所を書いて、郵便局から発送したことがあります。ちゃんと相手に届いたようで返金してもらえました。

あと、香港から送ってもらった電子おもちゃが壊れていて、写メを付けてメールをしてみたら、「返送料がもったいないから、そちらで処理してくれ。新しいものは再度送る」(かなり簡単に和訳しました)という返事が来て、しばらく待つと新しいものが送られてきました。

今は、翻訳ツールもあって、便利な世の中ですので、英語の勉強にもなって良いです。

最後に

もし、海外のネットショッピングを利用するのに抵抗がある方は、日本のフリマサイトでも商品をよく見かけますので一度探してみてくださいね。

まとめ

  • 我が家のお気に入りキャラクターは、スポット、トーマス、ペッパピッグ
  • 絵本を通して外国の文化を知ることができる
  • 英語絵本であってもパパやママが読む
  • 英語絵本の読み聞かせと、発音を身に付けさせることは別物
  • 英語絵本は海外のサイトで購入すると安い

日本語、英語関わらず、絵本の読み聞かせのやり方は同じです。親子のスキンシップだと割り切って、英語絵本の読み聞かせも楽しんでくださいね。